FC2ブログ

暦は面白い:「週の始めは日曜日」 ?

月めくりのカレンダーを見て欲しい。曜日の欄の始めは日曜日になっている? それが一般的である。ならば、1週間の始めの曜日は日曜日としていいのか。おおよそ以下の三つの説がある。
   ① 日曜日……キリスト教の安息日説
   ② 土曜日……ユダヤ教・古代バビロニア起源説
   ③ 月曜日……慣用説。働き始めの日だから。
 結論から言えば、週の始まりは日曜日からである。聖書によると、イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなったのが金曜日で、その3日後(当日も数に含む)の日曜日に予告どうり復活した。復活した日曜日が週のスタートとなったのである。日曜日が「主の日」とされ、全ての仕事を止め神と共に過ごす「安息日」と定められた。
 一方、旧約聖書の創世記によれば、キリスト教の神は天地創造終え、7日目に休んだとされる。この「7日目の日」が、安息日の日曜日と混同されて③の説が出てきたようだ。
《復活祭とクリスマス》
 神職が、クリスマスについて記述するのはいささか変であるが、日本に仏教やキリスト教、その他の宗教が入ってきても、他国の様に宗教戦争になったり一方の宗教が無くなることは無かった。日本は元々、多神教の国だ。八百万(やおよろず)の神々の国だから、他の宗教が入ってきても、八百万が少し増えたくらいの感覚であったかもしれない。いや、もっと言うなら、仏教、キリスト教、イスラム教などの世界の宗教は「教」が付く「教えの宗教」で有るのに対し、神道は自然崇拝・祖先崇拝の古代宗教からそのまま続いてきた宗教である。「教」が付く宗教、例えばキリスト教はユダヤ教からキリストが起こした宗教である。また、仏教はヒンズー教から釈迦が起こした宗教である。新たに起こす宗教は、旧来の宗教とは違うということを主張しなければならない。そこに「神学」や「教え」が生まれ、やがて考えの違いから、後世に分派活動も起こってきたのだ。
 ところが、例えば雷が怖かったり、それでいて農業に必要な雨を期待して「雷神」を祀って、千数百年続いてきた日本の在来宗教である神道には、「道」であっても、教えや神学、聖書のような聖典が無い。だから、なぜ神前で「2礼2拍手1礼」なのか、なぜ「玉串」なのか、いろいろな疑問に答える教えは伝わっていない。後世、国学者などが研究したものが論理としては唯一である。形として伝えられているのだ。全くおおらかに、のびのびとして、制約が少ない宗教である。それが日本的で、農耕民族の生活波長には良い。
 さて、話を戻す。キリスト教の復活祭(イースター)はキリストが十字架にかかり死亡した後、予告どうり復活したことを祝う日である。「春分の日の後の最初の満月の後の日曜日」と定められている。一方、クリスマスはキリストの誕生を祝う日である。もともとは、キリスト教以前の太陽神崇拝などの習慣と結び付き、4世紀頃に始まったようである。
 Christmasの略語をXmasとしたのは「X」はギリシャ語表現の頭文字が「X」(カイ)でローマ字の「X」と同じ形であったことから定着したという。いずれにしても、英語圏や日本、東南アジアでする表現で、略語であるから、公式には使われない。
《13日の金曜日》
 先の「つぶやき」で六曜制などの迷信について触れたから、これも言っておかねばなるまい。キリストが十字架に磔にされたのが「13日の金曜日」という俗説から、英語圏、ドイツ、フランスでは「不吉な日」と信じられている。しかし、キリストが磔になったのが、13日の金曜日なのか実際には特定されていないようだ。更に、イタリアでは「17日の金曜日」、スペイン語圏では「13日の火曜日」が不吉な日と信じられている。
 13日の金曜日の不吉説には次のようなものがある。
   ①キリストの最後の晩餐の人数が13人。それに磔の金曜日説が一緒になった。
   ②イブがアダムを誘惑した日、ノアの箱舟の大洪水の日、バベルの塔が崩壊した日などの俗説。
   ③北欧神話で十二神の祝宴に、招かざる客のロキが乱入(13人目)し、人気者のバルドルを殺した。
   ④13はキリスト教以前から不吉な数字とされていた。現代でもパーティなどでは、13人にならないよう気をつけるようだ。

 いずれにしても、何処の国にも迷信は根強く生きている。信じなくて良い。だが、熱心
に信じている人がいる場合には、それなりの配慮をするのが、賢い付き合いというものだ。
                  (文責:雷神社宮司 嶋田正)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)