FC2ブログ

暦は面白い③:『なぜ2月は日数が短い」 ?

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
31 28 31 30 31 30 31 31 30 31 30 31


暦は、1月は31日、2月は28日、3月は31日………。というふうになっている。1年365日で、閏年には2月が29日になる。別に問題があるようではないが、

疑問①  なぜ2月だけが短い ?
疑問②  閏年の時は、なぜ2月に1日を加えるのか ?

《暦の改定》
①ローマ暦
(年355日) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
31 29 31 29 31 29 31 29 31 29 31 28
②ユリウス暦
(年365日) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
31 30 31 30 31 30 31 30 31 30 31 29
①改編ユリウス暦
(年365日) 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
31 30 31 30 31 31 30 31 30 31 31 28

上記の表を説明しよう。
①はローマ暦。当時から奇数を縁起が良い数とする習慣があり、1月から交互に31日と29日の暦
を作り、12月は調整月で28日とした。1年は355日。
②はユリウス(ユリウス=ジュリアス・シーザー)が改暦したもの。最も大きな改正点は、11月を
新年の1月に変更したことである。11月が役所の御用はじめの月だったからだそうだ。そのため、
日数を調整していた12月が2月になり、2月だけが短い月となった。閏年で2月に1日を加え
るのは、元は12月の調整月だった名残からである。1年は365日。
7月を英語で「July」と言うのは、シーザーが7月生まれだったため、自分の名前を7月につ
けてしまったからである。「Julius」➠「July」。
③はシーザーの子供のアウグストゥスの改暦である。アウグストゥスは8月生れであったため、自分
の名前を8月につけた。「Augustus」➠「August」。また、8月が30日で縁起の良
い奇数でなかったので、調整月の2月から1日持ってきて8月を31日にした。尚、9月も31
日だったので、3ケ月も31日が続くため、9月を30日にし、10月を31日、11月を30日、12月を31日に変えた。
こうして、現在の暦の基礎が作られた。
暦を保持し調整することは、支配者にとっては古代から重要な意味を持っていた。暦には季節や気象、
日月の満ち欠けなど、農耕や牧畜、漁労にとって重要な情報が掲載されている。暦を知り、司ることが
支配者の象徴であった。気象予報士が古代にタイムスリップ出来たら、邪馬台国の卑弥呼のような強大
な権力を得るかもしれない。
(文責:雷神社宮司 嶋田正)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)